サイトの説明 | 不動産買取査定.com


不動産買取査定とは

「仲介」と「買取」の違い

不動産の売却で一般的なのは「仲介」になります。

「仲介」とは、簡単に説明すると不動産仲介会社が売却物件の購入希望者をマッチングさせることです。
当然、不動産が売りに出されているからといって、すぐにその物件の購入希望者が見つかるわけではありません。
そのため、売却完了までに数ヶ月から1年など長期を要してしまうことが多くなっています。

「買取」は買いたい人が見つかるまで待っているのではなく、不動産の買取会社が直接、売却希望者から買取る手法です。そのため、売却価格(買取価格)の折り合いがつけば、即、売却が可能となります。
なお、不動産買取会社に売却した物件は、買取会社が必要に応じてリフォーム等を施し第三者に販売します。

ページトップへ戻る


不動産売却完了までのながれ

無料一括買取査定を依頼
査定を依頼
ご依頼物件の買取価格を複数社が査定し提示
※場合によっては買取れないケースもございます
買取価格
売却価格や買取会社を比較検討
※不明点は買取会社に遠慮なくご質問ください
比較検討
必要に応じて買取会社と詳細を確認・お打ち合わせ
※ご希望の買取会社があった場合
詳細を確認
ご納得できた場合のみご契約ください
※仲介手数料は必要ありません
ご契約
売却完了(売却代金お支払い)
※売却価格提示から最短なら3日程度で現金化できます

ページトップへ戻る


不動産買取のメリット

不動産の買取は以下のようなメリットがあります

  • 仲介ではないので、仲介手数料(物件価格の3%)が必要ない。
  • 買手が個人ではないので、売却後の瑕疵担保責任が免責されます。
  • 買取会社が直接買い取るので、とにかく早く現金化できる。
  • 買い替え、任意売却、相続、転勤などどうしてもある期限までに現金化しなくてはならない場合でも、すぐに対応できる。
  • 仲介のように部屋を見に来たりネットやチラシで売りに出しているのを知られず秘密で売却できる。
  • 一般的には売りにくい、現行法では違法になる建築物(既存不適格)や、建物を建ててはいけない土地(再建築不可)でも対応できるケースがある。

ページトップへ戻る


不動産買取のデメリット

一般的に買取は仲介で売却するより、売却価格が安くなる傾向にあります。
その理由は、

  • すぐに現金化できるため「時間のメリットを受けている」点
  • 「瑕疵担保責任が免責されている」点
  • 買取会社が転売する場合に「リフォーム等が必要であればその費用」

などが買取価格に反映されるためです。
では、それがいくらなのかを知るために一括買取査定を利用して、「どのくらいの価格になるのか?」「相場はどれくらいなのか?」を把握してください。

ページトップへ戻る


Globalsign SSL Site Seal

Copyright © 2018 Living Technologies Inc. All rights reserved.